Windows10のカタログファイル(.clg)を作成

OS: Windows 10 version 1803
Windows ADK for Windows 10, version 1803

Windowsの応答ファイルを作成しようとすればカタログファイル(.clg)を求められるからなんてひち面倒くさいんだとおもう。それに加えてカタログファイルを用意するためにはWindows ADKの導入も必要であるからひち面倒くささに拍車がかかっている。その上、.wimファイルも入り用となればひち面倒くさい。けれども須用なのだから詮方無いことである。まずはDownload and install the Windows ADKを訪れて利用しているOSのバージョンに合ったWindows ADKをダウンロードする。

ダウンロードしたadksetup.exeを実行するとまずはインストール先を尋ねられるから自らの望むように設定する。

Microsoftが製品をより良くするために情報を差し出す構えであるかどうかを問われるから選択する。果たしてどのような情報が寄越されてゆくのかよく分からなくてうす気味が悪いのでいつもこういう問い合わせに対しては「いいえ」と回答しているけれどもこれが改善の妨げになっているのであれば申し訳ないなとおもう。それを踏まえてやはり「いいえ」を選択して次へすすむ。

使用許諾契約に同意するか否かの判断を迫られる。いつもろくすっぽ読まずに同意するボタンをクリックしているからいつか痛い目を見るのかも知れないとおもう。

欲する機能をここで選択する。ふんだんに選択肢があるけれどもどれも見知らぬ内容ばかりなのでなにを選択してよいものかいつだって迷うから結局、デフォルトのままにしてしまうものである。なおカタログファイルを作成するだけであるならおおかたDeployment Toolsだけで間に合うしインストールも早いとおもう。

インストールボタンを押下すると必要なファイルのダウンロードやインストールがはじまる。回線が手薄であったりマシンスペックが不甲斐ないとたいへん長い時間を要する仕事なのでここで席を外して喫茶店へ躍り込んだり畑で鍬を振るうと良い気分転換になる。

インストールが終わるとあとはウィンドウを閉じるばかりである。Windows ADKについてなおいっそう知りたいのであればチェックボックスに印をつけて閉じればキットとツールの新機能というサイトへ移動してなんとなくすごそうな文書が表示される。

そうしたらWindowsボタンを押し付けて「Windows Kits」→「Windows システム イメージ マネージャー」と辿る。Windows システム イメージ マネージャー(Windows System Image Manager)はちょっと長たらしいので略してWindows SIMとやるのが公式のようである。

「ツール」→「カタログの作成」を選択すると.wimファイルが要求される。そこでWindowsのインストーラに含まれている.esdファイルから.wimをエクスポートするメモ書きが力を発揮するのである。

あとはWindows SIMが勝手に.wimファイルをマウントしてデータをシリアライズしてマウントを解除して、.wimファイルと同じフォルダにカタログファイル.clgを作成してくれる。これもたいへんに暇を要するからコンビニエンスストアへ飛び込んだり肥料をやりに畑へ出掛ければちょうどよい時間とおもう。

参考:
Windows ADK のインストール

.esdファイルから.wimファイルをエクスポートする

OS: Windows 10 version 1709
DISM 10.0.16299.15

応答ファイルを作成するにあたっては.wimファイルを要求されるからWindows10のISOファイルに含まれるinstall.wimを用いようと思っていたらinstall.esdしか見当たらない。どうも.esdファイルの内部に暗号化された.wimファイルが複数格納されているという。したがって必要な.wimファイルをエクスポートする必要がある情勢である。

一先ずISOファイルをマウントし、エクスプローラを起動して確認するとどうやらEドライブに落ち着いた模様である。

そうしたらコマンドプロンプトを管理者として実行しinstall.esdの居るe:\sourcesフォルダへ移動する。

c:\>e:
e:\>cd sources
e:\sources>dir /b install.*
install.esd

dismコマンドでinstall.esdの内容を覗いてみるとWindows 10の各種エディションが揃い踏みであった。

e:\sources>dism /get-wiminfo /wimfile:install.esd

展開イメージのサービスと管理ツール
バージョン: 10.0.16299.15

イメージの詳細: install.esd

インデックス: 1
名前: Windows 10 S
説明: Windows 10 S
サイズ: 16,088,647,927 バイト

インデックス: 2
名前: Windows 10 Home
説明: Windows 10 Home
サイズ: 15,902,243,813 バイト

インデックス: 3
名前: Windows 10 Education
説明: Windows 10 Education
サイズ: 16,086,095,424 バイト

インデックス: 4
名前: Windows 10 Pro
説明: Windows 10 Pro
サイズ: 16,086,813,205 バイト

操作は正常に完了しました。

このうち求めるものはインデックス4であるからこれをエクスポートする。大変時間を要する処理であるから暫しお茶に出掛けるのが良かろうと思う。仕上がった.wimファイルが損なわれていることに気付かないまま作業に取り組むと改めて時間を消費してエクスポートする事態に迫られるから、できるだけ早々に異常を検出するために尚いっそう暇はかかるけれども/checkintegrityオプションも指定しておきたいところである。

e:\sources>dism /export-image /sourceimagefile:install.esd /sourceindex:4 /destinationimagefile:c:\win10pro.wim /compress:max /checkintegrity

展開イメージのサービスと管理ツール
バージョン: 10.0.16299.15

イメージをエクスポートしています
[==========================100.0%==========================]
操作は正常に完了しました。

用心を重ねて.wimファイルが正しくマウントできるか確認するならこういう具合である。

c:\>mkdir mount
c:\>dism /mount-wim /wimfile:c:\win10pro.wim /index:1 /mountdir:c:\mount /readonly
c:\>dism /unmount-wim /mountdir:c:\mount /discard

アンマウントする際にはマウントしたフォルダから予め抜け出しておかないと「エラー: 0xc1420117 ディレクトリを完全にはマウント解除できませんでした。これは通常、アプリケーションがマウント ディレクトリ内のファイルを開いていることが原因です。マウント解除のプロセスを完了するには、これらのファイルを閉じてから、再度マウントを解除してください。」となる。

参考:
Windows 10 のダウンロード
What Is an ESD File?
Convert an ESD File to a WIM File for Driver Updates in Your Windows Image*
DISM イメージ管理のコマンド ライン オプション