Microsoft Sticky Notesの内容を別PCへ移行

OS: Windows 10 version 1709
Microsoft Sticky Notes 1.8.2.0, 2.1.17.0

Microsoft Sticky Notesの内容をひとしべひとしべコピーして別PCへ移行してくださいと作業監督の人はかつて仰っていたのだけれどもべらぼうな数の付箋を持つ人だと骨の折れることだからもう少し容易い手口はなかろうかと調べるものである。近頃のSticky Notesであるとデータは以下のフォルダにplum.sqliteのファイル名で作成されるようである。

%localappdata%\Packages\Microsoft.MicrosoftStickyNotes_8wekyb3d8bbwe\LocalState

これを別PCの同じフォルダへコピーしてやれば内容だけでなく太字やアンダーラインなどの装飾や付箋のカラー、ウィンドウの位置からサイズまで再現された。試みにplum.sqliteの中身を拝見するとそういった情報が格納されている様が見て取れるからなるほどとおもう。

$ sqlite3 plum.sqlite
sqlite> .header on
sqlite> .mode column

sqlite> .table
InkListItem       StorageChangeSet  StrokeMetadata    User
Note              Stroke            UpgradedNote

sqlite> select * from Note;
Text                                                                                             WindowPosition                                CreationNoteIdAnchor  CreationWidth  CreationHeight  Theme       Id                                    ParentId                              Revision    SyncRevision  CreatedById  CreatedAt           DeletedAt   DeletedById  UpdatedAt           UpdatedById
---------------------------------------------------------------------------------------------    --------------------------------------------  --------------------  -------------  --------------  ----------  ------------------------------------  ------------------------------------  ----------  ------------  -----------  ------------------  ----------  -----------  ------------------  -----------
%localappdata%\\Packages\\Microsoft.MicrosoftStickyNotes_8wekyb3d8bbwe\\LocalState\\plum.sqlite  V1NERgMAAAABAAAAAUUBAAAVAQAAMgEAAKsAAAAAAAA=                        320.0          320.0           Blue        a3758da8-c8c1-4d83-9707-2826a8293d0b  5e09a04a-7767-4cc3-bcdd-9995acd44d53  0           0                          636584095623655018                           636584369343910652
\b\i http://www7390uo.sakura.ne.jp/wordpress/                                                    V1NERgMAAAABAAAAAYABAACJAQAAXQEAAH4AAAAAAAA=  a3758da8-c8c1-4d83-9  0.0            0.0             Green       60a73dd6-8b3d-421b-9246-30dce0900128  5e09a04a-7767-4cc3-bcdd-9995acd44d53  0           0                          636584100076882996                           636584369448910247

なおまるきり異なるユーザへも移行できたし1.8.2.0から2.1.17.0への移行も可能であった。然し乍ら2.1.17.0から1.8.2.0へplum.sqliteを移すとSticky Notesが起動しなかったのでどうやらこのバージョン間での前方互換性はない模様である。ずっと古いSticky Notesであるとplum.sqliteではなく以下のフォルダにStickyNotes.sntとしてデータが保存されているということであった。

%appdata%\Microsoft\Sticky Notes

これを今どきのSticky Notesへ移行するのであればStickyNotes.sntをThresholdNotes.sntにリネームして次のフォルダへ放り込むと良いようである。

%localappdata%\Packages\Microsoft.MicrosoftStickyNotes_8wekyb3d8bbwe\LocalState\Legacy

移行が都合良く運ばないときはSticky Notesをリセットしてやると順調に進むことがあった。

参考:
Microsoft Sticky Notes Importing Legacy Sticky Notes

Similar Posts:

2 Replies to “Microsoft Sticky Notesの内容を別PCへ移行”

  1. 助かりました。

    リセット後、一回でも起動するとやりなおしのようで、更の状態でLegacyフォルダ作成してやったら上手くいきました。

    1. >リセット後、一回でも起動するとやりなおしのようで、更の状態で >Legacyフォルダ作成してやったら上手くいきました。
      ありがとうございます。このやりかたでうまくいきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください