Cドライブ直下にあらわれたmsdia80.dllについて

OS: Windows 10 version 1709 64bit

いつの頃からか知れないけれどもCドライブの直下にmsdia80.dllという名のファイルが居る。Cドライブの直下が混雑するのは好きでないから何とかならないかと調べると、64bitのOSにMicrosoft Visual C++ 2005 再頒布可能パッケージをインストールしたことが原因であるという。本来あるべき場所は

%programfiles%\Common Files\Microsoft Shared\VC

ということであるから示されている回避策を参考にして移動する。コマンドプロンプトを管理者で起動してファイルを移動したあとにregsvr32とか言うコマンドで以ってdllを登録し直すのである。そうすると「~msdia80.dll の DllRegisterServer は成功しました。」というダイアログが出現するから恙無く移動できた模様である。

c:\>move msdia80.dll "%programfiles%\Common Files\Microsoft Shared\VC"
c:\>regsvr32 "%programfiles%\Common Files\Microsoft Shared\VC\msdia80.dll"

なお、msdia80.dllのプロパティを具に見てゆくと製品名にMicrosoft Visual Studio 2005とあるから確かにMicrosoft Visual C++ 2005 再頒布可能パッケージと繋がりがありそうな風情である。またmsdiaがMicrosoft Debug Information Accessorの略ではなかろうかということも分かる。

参考:
Microsoft Visual C++ 2005 再頒布可能パッケージ (x64)
The Msdia80.dll file is installed in the root folder of the boot drive when you install the Visual C++ 2005 Redistributable Package by using the Vcredist_x64.exe file or the Vcredist_ia64.exe file

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください