Windows10のスタートアップフォルダをコマンドプロンプトで開く

Windows 10 Pro version 1809

アカウントごとに用意されているスタートアップフォルダを開くのであればこういう具合である。開かれるフォルダのパスは %appdata%\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup であった。

>start "" shell:startup

すべてのアカウントに影響するスタートアップフォルダを開くのならこうである。shell:common startup はダブルクォーテーションで以って包み込んでやらねばならない。開かれるフォルダのパスはここであった。%programdata%\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\StartUp

>start "" "shell:common startup"

参考:
Windows 10 の起動時に自動的に実行されるアプリを変更する

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください