Raspbianのスワップ領域を拡張する

Raspberry Pi 3 Model B
OS: Raspbian stretch lite November 2017
MySQL 5.7.21

Raspbianを導入したRaspberry Pi 3でMySQLのビルドをこなしていたらこのような有様であった。何者かの差し金でコンパイラの処理が勝手に打ち切られている模様である。

$ make
(snip)
[ 50%] Building CXX object sql/CMakeFiles/sql.dir/item_geofunc_setops.cc.o
c++: internal compiler error: Killed (program cc1plus)

dmesgから手がかりを探るとどうやらOut of memory killerがメモリを潤沢に用いるプロセスの刈り取りに乗り出しているようである。Raspberry Pi 3 Model Bのメモリ搭載量1GBに対して800MBを超えるメモリを消費すればお咎めを受けるのも宜なるかなというところである。

$ dmesg
(snip)
[16075.666040] Out of memory: Kill process 11885 (cc1plus) score 853 or sacrifice child
[16075.666059] Killed process 11885 (cc1plus) total-vm:919780kB, anon-rss:842300kB, file-rss:0kB, shmem-rss:0kB
[16076.103693] oom_reaper: reaped process 11885 (cc1plus), now anon-rss:0kB, file-rss:0kB, shmem-rss:0kB

さりとて素直に応じるわけにもいかぬ。途轍もない待ち時間がふいになるのは誠に遺憾である。物理メモリが足りぬならスワップ領域を拡張するのが良かろうと思う。Raspbianのデフォルトでは100MBが割り当てられていたが近頃のMySQLをビルドするには到底足りない模様であるからセオリーに則って物理メモリの1~2倍程度に変更する。Raspbianは/etc/dphys-swapfileでスワップ領域の設定を管理するようである。

$ sudo vi /etc/dphys-swapfile
#CONF_SWAPSIZE=100
CONF_SWAPSIZE=2048

$ sudo dphys-swapfile install
want /var/swap=2048MByte, checking existing: deleting wrong size file (104857600), generating swapfile ... of 2048MBytes

$ sudo dphys-swapfile swapon

これでスワップ領域が2GBに拡張された。

$ free -m
              total        used        free      shared  buff/cache   available
Mem:            927          76         455          12         395         787
Swap:          2047           0        2047

$ cat /proc/swaps
Filename              Type            Size    Used    Priority
/var/swap             file            2097148     0   -1

スワップ領域を2GBに拡張して再度、MySQLのビルドを試みたところ450分程度を費やして恙無く完了した。なおスワップ領域を1GBにセットしたときもビルドは完了したものの一体どうしたことかSegmentation faultでMySQLが全く操作できなかったので、実際にはうまい具合にビルドできていなかった疑いがある。

参考:
man dphys-swapfile
Increase size of existing swap file