Tera Termで以ってtelnetで25番ポートへ接続してSMTPコマンドを打ち込むための設定

Tera Term 4.104

メールサーバの移行作業後にtelnetで以ってメール送信のテストをおこないたかったけれどもWindows10はデフォルトでTelnetクライアントが無効になっているようである。さりとて有効化は都合が許さなかった為に代わりにTera Termを用いるよう助言をいただいたものである。

ところがTera TermのTelnetで25番ポートへ接続するとSMTPバナーは表示されるもののキー入力をしても何ら反応がないので誠に困った。tcpdumpで様子を窺うと入力内容は送信されているようであるからエコーバックがなされていないような風情である。

調べると次のようにTERATERM.INIの設定を変更せねばならぬ模様である。

Telnet プロトコルに対応していないホスト(通常 23 以外のポート番号を使用)に TCP/IP 接続する場合、ローカルエコーを on に、送信する改行コードを CR+LF にする必要がある場合があります。

TCPLocalEcho=on
TCPCRSend=CRLF

TCPLocalEcho をonに、TCPCRSend をCRLFにセットすることで23番以外のポートへTelnetで接続した途端にローカルエコーが有効にされ、送信改行コードがCR+LFに変更されるというのである。

そうすると無事、操作を受け付けるようになった。

参考:
非 telnet TCP/IP 接続用の端末設定