Raspbianにmotionを導入してブラウザからウェブカメラの映像を見る

Raspberry Pi 3 Model B
OS: Raspbian Stretch lite March 2018
Logicool HD Webcam C270

Raspberry Pi 3 Model BにHD Webcam C270を接続すれば忽ち認識されるし、uvcvideoモジュールも併せてロードされるから面倒と向かい合うことなく使えそうな様子である。

$ lsusb
Bus 001 Device 004: ID 046d:0825 Logitech, Inc. Webcam C270

$ lsmod | grep uvc
uvcvideo               90112  0

motionパッケージのインストールには夥しい数のライブラリに加えてffmpegも併せてインストールされるので自前で用意したffmpegがあるならばちょっと注意を要すると思う。

$ sudo apt install motion

ひとまず設定ファイルにあるstream_localhostをoffに変更する。これがonのままであるとlocalhostからしかライブストリームの様子を観察できない。

$ sudo vi /etc/motion/motion.conf
#stream_localhost on
stream_localhost off

そうしてmotionを起動したら、motionが稼働するマシンのIPアドレスの8081番ポートへブラウザでアクセスするとこういう具合である。

$ sudo motion
[0:motion] [NTC] [ALL] conf_load: Processing thread 0 - config file /etc/motion/motion.conf
[0:motion] [NTC] [ALL] motion_startup: Motion 4.0 Started
[0:motion] [NTC] [ALL] motion_startup: Logging to file (/var/log/motion/motion.log)

なお、セットアップモードという言葉に惹かれて-sオプションをつけて起動すると出力された映像はこういう有様であった。何がなんだか一寸わからない。ドキュメントをみると変化のあった画素を黒白や青で表現するように読み取れる。動体検知の設定をする際のノイズ除去や閾値の決定をするにあたって役立つような風情である。

参考:
HD Webcam C270
Linux UVC driver and tools
Motion

Similar Posts:

“Raspbianにmotionを導入してブラウザからウェブカメラの映像を見る” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください