Raspberry Pi 3 に Zabbix をインストールする

Raspberry Pi 3 Model B
OS: Raspbian Buster Lite

先ずは Download and install Zabbix へアクセスしてインストールしたいZabbixのバージョンやOSなどを選択する。そうすると其れに合わせたインストール手順が示されるから此れに従う。データベースにはMySQLを選択した。

$ sudo wget https://repo.zabbix.com/zabbix/4.0/raspbian/pool/main/z/zabbix-release/zabbix-release_4.0-3+buster_all.deb
$ sudo dpkg -i zabbix-release_4.0-3+buster_all.deb
$ sudo apt update
$ sudo apt install zabbix-server-mysql zabbix-frontend-php zabbix-agent

OSインストール直後の状態からZabbixパッケージのインストールを実施すると81にも及ぶパッケージの導入が始まる。

インストールが一段落したら、一先ずrootユーザでMySQLにログインする。パスワードは空っぽうだから何も入力せずにEnterを押下する。そうしてデータベースとユーザを作成する。データベースを作成する際にうっかりして character set utf8 collate utf8_binを忘れたら、データをインポートする段になって ERROR 1071 (42000) at line 165: Specified key was too long; max key length is 767 bytes などとエラーが発生して処理が進まなくなった。

デフォルトでセットされる文字コードのutf8mb4であると1文字あたり最大で4バイトも使用してテーブルのカラムに収まりきらないサイズになるから、此れを抑えるために1文字3バイトのutf8を態々指定する模様である。指示されたとおりにコピー&ペーストすることの肝要さを思い知ったものである。

$ sudo mysql -uroot -p
Enter password:

MariaDB [(none)]> create database zabbix character set utf8 collate utf8_bin;
MariaDB [(none)]> grant all privileges on zabbix.* to 'zabbix'@'localhost' identified by 'password';
MariaDB [(none)]> quit;

次はZabbixサーバがデータベースに接続するためにユーザのパスワードを記載しておく。

$ sudo vi /etc/zabbix/zabbix_server.conf
DBPassword=password

それからApacheの設定ファイルにあるPHPのdate.timezoneを編集するのであるが、PHP5とPHP7の場合でそれぞれ場合分けをして設定が記載されているから知らずPHP5のほうだけを編集して満足していると、この後にある作業で Time zone for PHP is not set (configuration parameter "date.timezone"). となって立ち往生する。公式の手順に沿うとPHP7がインストールされるからそちら側を弄う必要がある。

$ sudo vi /etc/zabbix/apache.conf
    <IfModule mod_php7.c>
(snip)
        # php_value date.timezone Europe/Riga
        php_value date.timezone Asia/Tokyo
    </IfModule>

$ php -v
PHP 7.3.14-1~deb10u1 (cli) (built: Feb 16 2020 15:07:23) ( NTS )
$ sudo systemctl restart zabbix-server zabbix-agent apache2
$ sudo systemctl enable zabbix-server zabbix-agent apache2
(snip)
Created symlink /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/zabbix-server.service → /lib/systemd/system/zabbix-server.service.
Created symlink /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/zabbix-agent.service → /lib/systemd/system/zabbix-agent.service.

そうしたらブラウザでZabbixのページにアクセスしてウィザードに従いながら設定をする。

インストール直後の初期状態ではユーザ名:Admin、パスワード:zabbixでサインインする。

さっそくZabbixがサーバのグラフ制作に取り掛かってくれているのであるが、如何せん文字が豆腐状態であるから困る。之を解消せねばならない。Notoを導入してZabbixが採用するフォントとして設定してやれば終いである。

$ sudo apt install fonts-noto-cjk
$ cd /etc/alternatives/
$ sudo ln -sf /usr/share/fonts/opentype/noto/NotoSansCJK-Regular.ttc zabbix-frontend-font

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください