Python3系であるとSambaのconfigureが通らないためPython2.7系が必要であった

OS: Ubuntu Server 18.04.1 LTS
Samba 4.9.0

さらっぴんのUbuntu Server 18.04.1 LTSにSamba 4.9.0をソースからインストールしようと試みたところ、Ubuntu Server 12.04の頃には見られなかったエラーの為にconfigureの処理を進めることができなかったから記録しておくものである。まずはソースをダウンロードして展開。

$ wget -c https://download.samba.org/pub/samba/stable/samba-4.9.0.tar.gz
$ wget -c https://download.samba.org/pub/samba/stable/samba-4.9.0.tar.asc

$ gunzip samba-4.9.0.tar.gz
$ gpg --recv-key 6F33915B6568B7EA
$ gpg --verify samba-4.9.0.tar.asc

$ tar xvf samba-4.9.0.tar
$ cd samba-4.9.0/

そうしてconfigureを実行するとこういう有様であった。python: not foundというエラーメッセージを頂戴するけれどもpythonはあるからこはいかにと思う。

$ ./configure
./configure: 16: ./configure: python: not found

$ which python
/usr/bin/python3

configureスクリプトの16行目に手掛かりがあるようであるから内容を見つめると変数${PYTHON}がセットされてなければpythonという文字列を納めてpythonコマンドを実行する様子である。

$ cat -n configure
(snip)
    15  cd . || exit 1
    16  ${PYTHON:=python} $WAF configure "$@" || exit 1
    17  cd $PREVPATH

python3はあるけれどもpythonは見当たらないから斯様なエラーメッセージになることは判然としたけれども、sudo ln -s /usr/bin/python3 /usr/bin/pythonで以って対処しても結局エラーが表示されて先へ進めないのは同様であった。どうやらpython3系は違うようであるから改めてpython2.7をインストールするのが良さそうである。

なおpython2.7のパッケージだけではCould not find the python development headersというエラーが出てしまうからこの際、libpython2.7-devも併せてインストールしなければならぬ情勢であった。

$ sudo apt install python2.7 libpython2.7-dev
$ sudo ln -s /usr/bin/python2.7 /usr/bin/python

これでconfigureスクリプトの処理が恙無く進行してSambaのインストールまで漕ぎ着けることができたのである。

$ ./configure --without-ad-dc --without-acl-support --without-ldap --without-ads --without-pam --without-json-audit --without-libarchive
$ make
$ sudo make install

参考:
Bug 10028 – Samba Python 3 support

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください