Muninのsensor_プラグインでグラフに表示したくない項目を設定

OS: Ubuntu Server 18.04.1 LTS
munin-node 2.0.37

sensorsコマンドの出力結果から得られるファンの回転数をMuninのsensor_プラグインでグラフ化しているけれども、常に0回転しか示さない幻か幽霊みたようなfan1とfan2の結果も併せてひらってしまうから此れをグラフに現れないようにしたいものである。

$ sensors
(snip)
fan1:           0 RPM  (min =   10 RPM)  ALARM
fan2:           0 RPM  (min =   18 RPM)  ALARM
fan3:        1457 RPM  (min =   10 RPM)

sensors_プラグインの説明によるとこういう具合である。

[sensors_*]
env.sensors – Override default sensors program path
env.ignore_temp<n> – Temperature <n> will not be plotted
env.ignore_fan<n> – Fan <n> will not be plotted

env.ignore_fanに表示したくないファンの番号をくっつけてやれば良いように見えるからプラグインの設定ファイルをそのように編集する。

# vi /etc/munin/plugin-conf.d/munin-node
[sensors_*]
env.ignore_fan1
env.ignore_fan2

そうしてmunin-nodeを再起動するとログがこの有様であった。

$ less /var/log/munin/munin-node.log
Line is not well formed (env.ignore_fan1) at /usr/share/perl5/Munin/Node/Service.pm line 110.

どうにも設定が適切でない様子である。説明どおりに記述したのに変梃りんな話である。エラーメッセージを手掛かりに /usr/share/perl5/Munin/Node/Config.pm のサブルーチン _parse_line_parse_plugin_line を眺めたり、改めてmunin-nodeの設定ファイルを確認してみると、設定項目とその値がセットになって記述されていなければならないようである。

# less /etc/munin/plugin-conf.d/munin-node
(snip)
# env.<variable> <value> # Sets <variable> in the plugin's environment, see the
#                       individual plugins to find out which variables they
#                       care about.

値<value>についての指定がないので果たしてこれでよいのか悩んだけれどもひとまず適当な文字列を奔放に放り込んだ。

[sensors_*]
env.ignore_fan1 guro
env.ignore_fan2 guro

munin-nodeを再起動したあと様子をうかがうと恙無く受諾されているようである。

けれども長い時を経て後、この設定を見つけたときに一体どういう意図か必ずや困惑するし何より格好が悪いのでyesやtrueなどの洒落た横文字で飾るのがぜったいによいと思う。

[sensors_*]
env.ignore_fan1 yes
env.ignore_fan2 yes

参考:
Munin Dokumentation

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください