MySQL関連のMuninプラグインを動作させる際に使用されるmysqladminのパスワードを別ファイルへ記載

OS: Ubuntu Server 18.04.1 LTS
Munin 2.0.37

Muninがデフォルトで準備して呉れたMySQLに関係するプラグインのうちmysqladminを内部で実行しているものはパスワードが必要であるから設定ファイルに直接書きつけると、プラグインの処理は進むものの mysqladmin: [Warning] Using a password on the command line interface can be insecure. として不用心である旨、表示されるからこれを正す。パスワードは /etc/munin/.my.cnf へ記載するよう手配する。

$ sudo vi /etc/munin/plugin-conf.d/munin-node
[mysql*]
user root
#env.mysqlopts -uguro -pavava
env.mysqlopts --defaults-file=/etc/munin/.my.cnf
env.mysqladmin /usr/local/mysql/bin/mysqladmin

[client]セクションにユーザとパスワードを書き付けてrootユーザ以外はもはや誰も閲覧できないようパーミッションも併せて設定する。

$ sudo vi /etc/munin/.my.cnf
[client]
user=guro
password=avava

$ sudo chmod 600 /etc/munin/.my.cnf

そうしたらプラグインが正常に動作するかどうか munin-run --debug で確かめる。mysql_queriesプラグインは内部でmysqladminを使用しているからテストに適しているとおもう。

$ sudo munin-run --debug mysql_queries
# Processing plugin configuration from /etc/munin/plugin-conf.d/munin-node
(snip)
# Environment mysqlopts = --defaults-file=/etc/munin/.my.cnf
# Environment mysqladmin = /usr/local/mysql/bin/mysqladmin
# Environment mysqluser = guro
# About to run '/etc/munin/plugins/mysql_queries'
delete.value 111
insert.value 729
replace.value 0
select.value 34614
update.value 3245

エラーメッセージは表示されず問題はなさそうであるからあとはmunin-nodeを再起動して終いである。

$ sudo /etc/init.d/munin-node restart
[ ok ] Restarting munin-node (via systemctl): munin-node.service.

グラフも恙無く描画され続けている模様である。

参考:
MySQL :: MySQL 8.0 Reference Manual :: 6.1.2.1 End-User Guidelines for Password Security

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください