TerraMaster F4-220を分解してVGAでディスプレイに接続

TerraMaster F4-220
VGA HD15-12

既存のデータ保存用ストレージが愈々逼迫して退っ引きならない情勢であったから思い切ってTerraMaster F4-220を購入したのであるけれども、TerraMasterが拵えたTOS(TerraMaster Operating System)ではなくUbuntuで以って管理するために下準備として筐体を開けたり閉めたりしてゆく。

付属品の箱を開くとプラスドライバーが同梱されていて、のみならず先端が帯磁しておりネジを緩めている際に転がり落ちて見失う恐れも避けられるやつであるから大変心配りが利いていると思う。

このドライバーでネジを次々に緩めて内部の基板を剥き出しにする。まずはファンが取り付けられている面にある6つのネジを外す。やや奥まった位置にネジの頭があるから闇に包まれて肉眼で確認しづらく手探りでドライバーをネジ山に合致させる他ならなかった。

6つのネジをすべて取り外したら背面をこういう具合に開放できるようになる。ファンから伸びるケーブルは基盤から抜いてしまえば作業が楽になるけれども基盤にホットボンドで確りと固定されているから触らないことにした。力ずくでホットボンドを取り外せるけれどもきっと壊してしまいそうで弱腰にならざるを得なかった。

今度は中身の基盤を前面方向へゆっくりと押し出してゆく。ファンの部分はアルミボデーのトンネルをくぐって前方へ行かねばならないからケーブルにあまり負担をかけぬよう心を砕きながら向きを変え角度を変えて移動させた。

トンネルを抜けると基盤の底面にアクセスできるようになるからネジ止めされている4箇所を取り外す。なお基盤の端にはメモリの増設用スロットも見られるので心持ちが弾まない筈がない。

ネジを外すとSATAコネクタを搭載している基盤もうまい具合に分離できるようになりようやっとメインの基盤を白日の下に曝け出すことに成功する。このうちVGA_Hと記載のある部品にVGA HD15-12を差し込んでもう一端をディスプレイのVGA端子へ接続してやればしめたものである。

この状態でTerraMasterの電源を投入するとTOSの起動画面を観察することができたから正常にVGA接続できているようである。

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください