再生速度を変化させても音程を変えずにMPC-BEで再生されるよう設定

OS: Windows 10 version 1803
MPC-BE(64bit) 1.5.2 (build 3445) beta

時間の惜しい際には再生速度を1.2倍や1.5倍に増して動画を閲覧するのであるけれども、MPC-BEはデフォルトのままであると再生速度の増減に合わせて音程も変化してへんてこな調子になってしまい、聞いていると心持ちが良くないので此れを標準速度での再生時と変わらぬよう設定したいものである。

まずはMPC-BEを起動して「表示」→「オプション」と辿る。

そうしたら「音声」のカテゴリにある「音声レンダラー」から「MPC Audio Renderer」を選択して「プロパティ」ボタンを押下する。

WASAPI(Windows Audio Session API)モードを「共有」にする。「排他」のままであってもMPC-BEからの音声は聞こえるけれども発される音量がどういうわけか随分控えめになってしまったので「共有」にしたところ満足のゆく音量まで回復したのでこのようにセットするものである。ハイレゾリューションな曲を再生するのだという向きには「排他」のままにしておくのが良さそうな情勢である。

動画ファイルのアイコンをMPC-BEのものに関連付ける

OS: Windows 10 version 1709
MPC-BE(64bit) 1.5.2 (build 3445) beta

何の拍子か突然に動画ファイルのアイコンがMPC-BEのデフォルトアイコンで統一されてしまい泡を食った。MPC-BEのデフォルトアイコンがたいへん控えめなデザインであるから見た目を色とりどりの華やかなアイコンに再び変更しようと試みるものである。MPC-BEを起動したら「表示」→「オプション」と辿ってゆく。

プレーヤーのカテゴリにある「形式」の設定画面を表示し「変更」ボタンを押下する。

「アイコンの関連付け」にチェックを入れ「適用」をクリックする

ことでアイコンがきらびやかなデザインへと変更される。適用ボタンをクリックすると「既定のプログラムを設定する」ウィンドウがどうしてか立ち上がって来るけれども閉じて躱した。

なお、アイコン画像は以下のDLLファイルに格納されておりResourcesExtractなどで内部を窺うことができた。

C:\Program Files\MPC-BE x64\mpciconlib.dll