コマンドプロンプトからdesktop.iniを表示する

OS: Windows 10 version 1709

フォルーダオプションから「隠しファイル、隠しフォルダー、または隠しドライブを表示する」を選択し、「保護されたオペレーティング システムファイルを表示しない(推奨)」のチェックを外せばdesktop.iniのアイコンが姿をあらわすけれどもちょっと手間である。コマンドプロンプトであればも少し手数が少なくて良い。desktop.iniのファイル属性をattribコマンドで詳らかにするとこうである。

C:\Users\guro\Desktop>attrib
A  SH        C:\Users\guro\Desktop\desktop.ini

SとHはそれぞれシステムファイル属性、隠しファイル属性を示しておりこれらの属性がファイルを透明な存在たらしめる。そうであるからこれらを解除できればしめたものである。ヘルプによれば-sと-hオプションを用いると良い。

C:\Users\guro\Desktop>attrib -s -h desktop.ini
C:\Users\guro\Desktop>attrib
A                    C:\Users\guro\Desktop\desktop.ini

これで包み隠されていたdesktop.iniのアイコンが露見する。+sと+hオプションで以って再び非表示にできる。

C:\Users\guro\Desktop>attrib +s +h desktop.ini
C:\Users\guro\Desktop>attrib
A  SH                C:\Users\guro\Desktop\desktop.ini

参考:
attrib | Microsoft Docs

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください