netplanによってネットワークインターフェース名を変更

OS: Ubuntu Server 18.04 LTS
Shuttle XS35V2
BUFFALO 有線LANアダプター LUA4-U3-AGT

ShuttleのXS35V2にUbuntuの再インストールを試みたもののネットワークカードをちっとも認識してくれないのでひどく困っていたところ、USB接続の有線LANアダプタで以ってネットワークへの接続がすんなり成功してすっかり良かった。けれどもネットワークインターフェース名がenx00005e005300などという具合に途方もなく長くて改めて困ったものである。enxにMACアドレス00:00:5e:00:53:00が引っ付いた形式でまことに覚え辛い。

$ ifconfig
enx00005e005300: flags=4163  mtu 1500
        inet 192.168.0.150  netmask 255.255.255.0  broadcast 192.168.0.255

こういうことでは扱いがむつかしいのでインターフェース名を変更したい心持ちである。そこで設定ファイルにmatchルールとset-name:プロパティを用いればよいということである。MACアドレスが00:00:5e:00:53:00にマッチしたらインターフェース名をeth1にセットするという要求であればこういう具合に設定する。

$ sudo vi /etc/netplan/config.yaml
network:
    ethernets:
        enx00005e005300:
            match:
                macaddress: 00:00:5e:00:53:00
            set-name: eth1
            addresses:
            - 192.168.0.150/24
            dhcp4: false
            gateway4: 192.168.0.1
            nameservers:
                addresses:
                - 192.168.0.1
                search: []
    version: 2

あとはnetplan tryコマンドで設定が正しく記載されたか慎重に確認しながら反映をする。MACアドレスの形式に誤りがあれば Invalid MAC address '00:00:5e:00:53:0', must be XX:XX:XX:XX:XX:XX という風情のエラーが現れるから妙な設定が適用される恐れが無くて堅い。

$ sudo netplan try --timeout 10
(snip)
Changes will revert in  9 seconds
Configuration accepted.

設定ファイルは受け入れられたけれどもマシンを再起動せずに内容を反映させるにはどうしたら良いのか奮闘の結果ついに分からなかったので渋々マシンを再起動してどうにかインターフェース名を変更した。

$ sudo reboot
$ ifconfig
eth1: flags=4163  mtu 1500
        inet 192.168.0.150  netmask 255.255.255.0  broadcast 192.168.0.255

参考:
Device Configuration IDs

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください