MSペイントで画像に簡易のモザイク加工をほどこす

Windows Pro 10 Version 1809

人目の触れる場に画像を公開したり人と画像やり取りする際に、読み取られては都合の悪い箇所に対してモザイク加工をするけれどもMSペイントにはその機能が搭載されていないから工夫を凝らしてモザイク加工を施すものである。処理したい箇所を選択したら一旦縮小し、再び元のサイズにまで拡大すれば概ね思惑通りの結果となった。

中二病のイラスト(女性) いらすとや

MSペイントを起動しモザイク処理を施したい画像を開いたら加工する箇所を選択してからCtrl+wを押下するとサイズの変更ウィンドウが現れるからひとまず10%に縮小する。

選択部分が縮小されたら余計なクリックやキー操作はせずに続けざまにCtrl+wを押下して再びサイズ変更をおこなう。拡大率は最大で500%までしか許されていないのでまずは500%に拡大する。

みたびCtrl+wを押下して更に拡大を試みる。最初に10分の1のサイズに縮小したものを5倍しているから精緻に計算して割り出すともう2倍拡大すれば元のサイズまで復元できるものである。

するとこういう具合にモザイク風の処理となって目論見が達せられる。

縮小率10%→拡大率500%→拡大率200%

最初に実施する縮小の割合によってモザイク具合の程度が大きく変わる。10%(1/10)では元の画像がぼんやりと推し量れる様子であるから5%(1/20)で縮小を試すと粗さがぐっと増してオリジナルの形状から遠ざかれる。2%(1/50)や1%(1/100)で縮小すると最早スーパーワギャンランドのモザイクあてみたくなるけれども、元のサイズへ戻らないことが屡々あったので5%くらいが下限としてちょうどよい模様である。

縮小率5%→拡大率500%→拡大率400%

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください