VMware Workstation Proで接続方式をNATに設定したゲストOSにホストOS側からアクセスする設定をする

ホストOS: Windows 10 Pro version 2004
ゲストOS: CentOS Linux release 8.2.2004 (Core)
VMware Workstation 16 Pro

下図のように構成された仮想環境があってPCからSSHで以ってゲストOSへ接続したい。VMnet8というネットワークアダプタはVMware Workstation Proをインストールする際に自動的にこしらえられる、NATを司るものである。

そうなるとホストOSにあるNAT構成ファイル(vmnetnat.conf)に直接編集を施すか、VMware Workstation Proに備わる仮想ネットワークエディタを用いる必要があるようである。

仮想ネットワークエディタから設定を試みるなら先ず「編集」から「仮想ネットワークエディタ」を選択する。

仮想ネットワークエディタが立ち上がったら先ずもって「設定の変更」をクリックする。ネットワークの構成を変更するには管理者権限が必要であるからユーザーアカウント制御(UAC)の問いかけに応えて曰く、「はい」。

VMnet8の仮想ネットワークアダプタを選択するとグレーアウトしていた「NAT設定」ボタンが鮮やかなグレーに色づくから此れをクリックする。

NAT設定を追加したいので「追加」ボタンを押下する。

そうするとポートマッピングの設定ウィンドウが表示される。今回はホストOSの50022番ポートに接続をするとゲストOSの22番ポートに紐付けるようにした。セットしたら「OK」ボタンをクリックする。設定した内容が「ポートの転送」に一覧されるから間違いがないか確認しておく。

「OK」か「適用」ボタンをクリックするとDHCPサービスやNATサービスの再起動が走り出すのでネットワークは一時的に遮断されてそののち、設定が反映される。

これで本当にアクセスができるようになったか確かめてみたところ、うまい具合に設定が反映されている模様である。

設定が書き込まれるファイルは C:\ProgramData\VMware\vmnetnat.conf であった。このファイルにある [incomingtcp] セクションへ 50022 = 192.168.40.128:22 という具合に内容が反映されていた。

参考:
NAT 構成ファイルの編集
NAT 構成ファイルのセクション

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください