CentOS インストール時の画面解像度を変更する

OS: CentOS Linux 8
VMware Workstaion Pro 15

CentOSのインストールを試みる度に悩まされる事柄が画面の解像度である。インストール画面の右側及び下側が表示領域に収まりきらず文言が見切れたりボタンが押し難くなる。これを改善するにはカーネルの起動パラメータを編集する。

インストーラのブートメニューが表れたらTABキーを押下するとカーネル起動時のパラメータに手を入れる事ができるようになるから、ここで rd.live.check を取り除いて resolution=1280x800 などとして800×600よりも広めの解像度を渡すことで見切れていた箇所を顕にできる。

デフォルトのカーネル起動パラメータ

この際キーボードがUS配列になっているから「=」の入力を実現するには「=」の右隣にある「~ ^ へ」のキーを押し込む。

けれどもパッケージのインストール途中に思いがけず解像度を800×600に戻されてしまいボタンが全く不可視になって却って苦しくなるから、多少の不便を受け入れてデフォルト解像度のままインストールをおこなうほうが結局は首尾よく事が運ぶようである。ままならずもどかしいものである。

すべての情報が表示されて快適な様子1
すべての情報が表示されて快適な様子2
ボタンがまったく表示領域の外へ隠れてしまう様子
カーネル起動パラメータを編集せずにインストールを進めた場合

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください